自分のお勧めのものを人に紹介するブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントとトラックバックは、ブログをしている人間なら大体の機能が分かると思います。どんなブログにもついている共通の機能なので、これらを活かさない手はないと思いますので、簡単に記載しておきます。


コメントの場合

ブログにコメントを残されると、嬉しいものです。僕の場合は、明らかに宣伝目的でコメントを書いている人を除く、すべての人にコメントを返していますし、コメントを残していただいたら1度はその人のサイトを訪問させていただいています。

このように対応されている方が多いようで、書き込まれたコメントに対しての返信率は70%を超えると言う研究発表も出ているほどです。
ただ、やはり、人間同士のやり取りなので、場合によっては相手を不快な気分にさせてしまうこともあるので、ネチケットを守ったコメントを書くべきだと思います。心のこもったコメントに対しては、きっとコメントが帰ってくると思いますよ。

また、コメントはアクセスアップの手段としても用いられることがあります。アクセス数アップを考えている方は、他のブログとの交流も考えてみてはいかがでしょうか?


トラックバックの場合

トラックバックの場合は、コメントとは違い、半ば勝手に相手サイトから自分のサイトにリンクの生成をおこなってしまう、とても強力なコミュニケーションツールです。

それゆえに、相手のことを思ったトラックバックの用い方をしなければ、相手の信頼を損なうことになりかねないので、気をつけてください。

内容に全く関係ないトラックバックをつけたとしても、訪問者は増えませんし、相手を不快にさせる場合もあるので、気をつけてください。


逆に、自分のサイトに無関係なトラックバックがついていた場合の対応方法ですが、これはちょっと難しいですね。
無関係のトラックバックは閲覧者の信頼度を損ねる場合もあるので、削除してあげた方が相手のためかもしれませんね。


僕の個人的な考えなのですが、トラックバックは関連している記事以外にはつけるべきではありません。

一番重要なのは関連性

だと考えるので、その辺を気をつけるべきだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは。
hisaと言います。

僕は無料でできる携帯アフィリエイトの情報を
紹介してます。

よかったら、僕のブログにも遊びに来てください
ブログランキング押しときました。
2007/07/29(日) 18:09 | URL | hisa #-[ 編集]
>hisaさん
はじめまして。
コメント&クリックありがとうございましたw

携帯のアフィリエイトは分からないので今度お邪魔させてもらいます。
参考にさせていただきますねw
2007/07/30(月) 18:49 | URL | だいすけ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asobiroom2.blog91.fc2.com/tb.php/75-0b1ab823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。